Googleタグマネージャーとは?初めてでも分かるタグマネの3つのメリット

Googleタグマネージャーって便利って聞くけど、一体何が便利なの?
設定がめんどうそう。。
なんて思いませんか?

今回はGoogleタグマネージャーと何なのか。
設定の手順を説明していきますね。

Googleタグマネージャーとは?

Google タグ マネージャーとは、WEBサイトやモバイルアプリに含まれるタグやコード スニペットを素早く簡単に更新できるタグ管理システムです。タグ マネージャーのスニペットをウェブサイトやモバイルアプリに追加すると、他のコードを変更したり設置したりすることなく、ウェブベースのユーザー インターフェースからタグを設定することができます。これによりエラーを減らせるほか、タグを変更する際にデベロッパーに頼る必要もなくなります。

引用元:Google タグ マネージャーの概要 – タグマネージャ ヘルプ

GoogleアナリティクスやSearch Console(サーチコンソール)などタグが必要なものを一元で管理してくれるツールです。それぞれのツールを管理している人が違う場合、一つの情報の変更があった時に書くツールの管理者に変更をお願いしないといけないです。

しかし、Googleタグマネージャーで一元管理していれば、HTMLなどソースコード内を変更せずに自分でもタグの変更ができます。

Googleタグマネージャーを使う3つのメリット

いつ更新したかが分かる「バージョン管理」

トラブルを治そうとすると複雑になっていくことなんてありませんか?
更新した記録が残っているので、今公開しているものにトラブルが合った時にトラブルの前に状態を戻せます。

複数のタグを一括管理

GoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソール、ヒートマップなどWEBサイトに様々設定をすると、一つ一つ手間になってしまいませんか?

Googleタグマネージャを使うと、Googleタグマネージャのタグを1つ書いておくだけで面倒な管理を一元化できます。様々なタグの追加や変更のたびに、WEBサイトのHTMLを書き換えるという複雑な手間がなくなります。

WEBサイトの表示速度に影響しない

WEBサイトの表示速度の高速化はSEO的にも、ユーザー目線に立っても非常に良いことでGoogleも推奨しています。

Googleタグマネージャを経由したタグは「非同期タグ」となります。
これはGoogle ChromeなどWEBサイトを見るブラウザの読み込みに影響されることはありません。

WEBサイトを構築するソースコードの中に複数のタグを入れていると、それらのソースコードをすべて読み込むことになるのでGoogleタグマネージャを利用しないより、タグマネージャーを利用したほうが表示が早くなります。

まとめ

会社やクライアントから複雑なWEBサイトのサポートを仕事にしているWEB担当者やディレクターの人には、Googleタグマネージャーは覚えていてもらいたいツールです。

最初は慣れないため攪乱するかと思いますが、一度覚えるとひとつレベルアップしたWEB管理差はとなれますので、ぜひご活用ください。詳しい説明は別記事でいたします。

この記事を書いた人

堀江晃一

堀江晃一

・WEBコンサルタント
・フリーランス・副業など働き方支援
---
1983年生まれ。大阪府東大阪市出身。
印刷業界の営業やパソコンメーカーのカスタマーセンター、SEO・WEBライティング業などを経て、30歳で独立。挫折を経験し、人が集まる仕組みや経営を勉強するため、シェアハウス・コワーキングスペース運営会社のWEB担当やコンサルティング会社を経て、再び独立。
---
【開催イベント】
・フリーランス・ノマド交流会『のまカフェ』(全9回)
・持ってるスキルで”プラス5万円”を目指す!「会社員+フリーランス」副業セミナー
・関西最大級の交流会イベント『クリエイター200人祭り』2018年度運営スタッフ